12.13〜17 of Tasmania2008 by tabidiary.net


2008.12.13〜14 「遠征スタート」

_DSC2950.jpgthe lodge of Tarraleahでのディナー早朝家を出発してからタスマニアのホテルに到着したのは、すっかり夜もふけた19時。(といってもまだ日の入り前で明るい)丸2日の間、ずっと移動する→食べる→乗る→待つ→また待つ・・・の繰り返し。それでも初めて乗ったシンガポール航空の最新機体A380などフライトは快適で、いつもよりかえって移動は疲れない程でシンガポール経由もたまにはいいかも。
しかし、「何の旅だっけ?」とタスマニアに向かっているイメージのないまま移動。メルボルンに着いたあたりからいつもの感じに戻っていきました。

タスマニアに着けば、いつものレンタカートラブル。いつもの景色。いつものフィッシング・ガイドのPaul。でも、Paulの子供達の成長ぶりとArthursの水の少なさに1年の時間を感じます。

今回のスタートはいつものHighlandを一旦通り過ぎ、Tarralearhという初めて滞在する場所で。
ワインがサーブされるおしゃれなディナーで始まったいつもとひと味違うタスマニアの初日となりました。それでも場所は違えど、明日はちゃんと釣りからスタートですよ。初めて会うガイドでどうなることやら・・・。

ページの先頭へ

2008.12.15 「フィッシングツアーへ」

20081215-092144.jpgBrady Lake昨夜はすっかり疲れて釣りの準備をするのもやっと。。。いきなり釣りはきつかったかなぁ、まあへんてこなガイドかもしれないしのんびりするか。。と思ってたら、なんとPaulに負けず劣らずの真面目でちゃんとしたガイドで立派なボートを牽いてきたのでした。

いきなりいつもの釣りモードにスイッチオン。川からの流れ込みがあちこちあって、結構な激流に向かって素早くリーリングしてみたり、最近あまり使ってなかったディープを試したり、レインボーやサーモンもいるというのでアクションをいろいろ変えてみたり・・といつもと違うロケーションであれこれ考えながらの釣りはなかなか新鮮でした。
午前中は数回の「かりかり」バイトと50cmオーバーかと思うようなレインボー?サーモン??の目の前でのフォロー。横腹が真っ赤できれいでした。反応はほとんど岸から。ランチ後は初めてのガイドというのにまたしても昼寝。やっぱりその間は何も起きなかったみたいだし。
目が覚めたときには、どうやらYukiにいいフォローがあったみたい。さっそく真似してトップでルアーを引いてみると、来る来る!どれもいいサイズのブラウン。喰うのはやっぱり下手みたいで、口をパコッとあけてるのまで見えるのにフックしきれなかったり。。Yukiがバラしたあとに同じ場所でようやく1尾釣れました。

夜は山の上なのに新鮮なタスマニアオイスターも食べられ贅沢なことです。

ページの先頭へ

2008.12.16 「4WDネイチャーサファリ」

20081216-121003.jpgRussell Fallssightseeing tourの予定が、気づけば一日ロッド振ってました。
元々のコースはwildlife parkとかsalmon pondとかもう見つくしたところばかりだったので、それじゃあね・・ということで。1日でこんなにいろんなポイントに行ったのは初めて。岸からの数キャストのみのチェックなので、まず釣れることはないのだけど、もうタスマニアに10年も来ているのにまだまだ知らない釣り場があるんだなぁ。。と実感しました。
一生いても行き尽くせないでしょうね。普段通らないローカルな道も走るので、見たことないものもいろいろ見られて面白かったです。
「おぉ、鹿がいっぱいいる!」と思ったら、鹿肉用(!)の鹿牧場だったり、大きな七面鳥が放牧?されてる七面鳥牧場があったり。(クリスマスも近いしね(T_T))夜はおいしいディナーに舌鼓。東京のレストランで働いていたというシェフの味は、私達の舌にとても合っていてラッキーでした。

明日からは、いよいよハイランド。今年のキャビンはなかなか快適そうなので楽しみです。

ページの先頭へ

2008.12.17 「TarralearhからGreat Lakeへ」

20081217-135457.jpgGreat Lake湖畔のCabinいよいよハイランドのキャビン入りです。今年のキャビンは明るくて広い~。何よりデッキやリビングからグレートレークが一望できるというのが素晴らしい!部屋に居ながらにして湖のチェックもできるし。
1時間半かかるローンセストンへの買い出しはへとへとになりましたが、だいぶ住み心地いい感じになってきました。ローンセストンへの帰り道はお約束のワラビーがたくさん出現。ラッキーなことに行きと帰りに1匹ずつお食事中の大きなウォンバットにも遭遇しました。

そして、今、夜中なのですが、外では「ギャー!」というか細い鳴き声がしてきました。どうやらこれはタスマニアンデビルの声・・・。明日はワイルドトラウトに遭遇しなければ。。

ページの先頭へ