tabidiary.net - Cairns_Uluru2007 - D_0603

ウルルひとり旅&ケアンズ親子旅 2007

by moo tabidiay.net

DSC00910.jpg

6.3 キングス・キャニオン

ウルルから片道3時間半という道のりながら、行ってみたかったキングス・キャニオン(ワタルカ国立公園内)。
6キロ3時間のコースを歩きましたが、次々現れる見たことも無いような光景に時間が過ぎるのもあっという間。満足感いっぱいの1日でした
→ツアー情報

DSC00828.jpg早朝5時に出発してから2時間以上熟睡。陽が昇ってきた頃に、野ラクダが通りすぎました
DSC00831.jpg昔このあたりを開発する為に、輸送用としてアフガニスタンから大量に持ち込んだのがラクダだそうです
DSC00849.jpgKings Creek Stationで休憩。出発して初めて見た建物かも?
DSC00837.jpg思い思いに朝食を食べます。私はエッグベネディクトとカフェオレ
DSC00839.jpg外にはラクダやレッドカンガルーが飼われていました
DSC00847.jpgまあ、なんともやる気がありません
DSC00857-2.jpg出発して3時間半。ようやく目的地のキングス・キャニオンに到着!
DSC00866.jpgコースは6キロのリム・ウォークと2.6キロのクリーク・ウォークの2つ。ここは自己責任で選択を迫られます
DSC00867.jpgラクチンコースの人達、さようなら〜
DSC00870.jpg私は6キロの3時間コースに挑戦です。6人の小グループです
DSC00851.jpg水筒をひとつづもらって出発。命の水です。35度を超えるとかなりハイリスクということでしたが、この日は幸い涼しい程でした
DSC00873.jpg出だしの20分が、唯一の難所ポイント。息が上がります
DSC00875.jpg登り切ると、バスがあんなに遠くに。。。
DSC00886.jpg次は、あの絶壁沿いを歩くのです。すごい
DSC00894.jpg怪獣のような岩が覆い被さってきます
DSC00900-1.jpg不思議なかたちの層です
DSC00896.jpg大昔の砂丘がこんな形になったのですね
DSC00909.jpg大地をひとまたぎ!
DSC00917.jpg水不足になると枝を落として生き延びるのだそうです。賢いユーカリです
DSC00926.jpg駐車場も豆粒。相当高くまできました
DSC00928.jpgたくましいユーカリです
DSC00941.jpg100万年前、湖の中にあった名残らしい。そんな古いさざ波を見てるなんて・・・
DSC00943.jpg絶景かなー
DSC00947.jpg岩と岩の間のくぼみにほとんど絶えることなく水をたたえているという、エデンの園です
DSC00952.jpgこんなところにヤシやシダがわさわさと茂っているのが不思議でした
DSC00950.jpgやっぱり泳ぐ人がいるんだ。絶対冷たいと思うのに
DSC00957.jpg楽しそうに撮影していますが。。。
DSC00958.jpgすごい絶壁のきわにいるんです
DSC00956.jpg私も撮ってもらいました
DSC00963.jpg2億年かけて砂岩が風化してできたというロスト・シティと言われるポイント。蜂の巣のようにも見えるし、どこか宇宙的な風景にも見えます
DSC00966.jpg最高落差約270kmの断崖絶壁!
DSC00966-2.jpg見えますか?マッチ棒のような人が。こんなところ歩いてました
DSC00984.jpg無事下界へ。。。
DSC00987.jpgバスでの帰り道、途中で見えたマウント・コナー。ウルルだけじゃなくて、すごいモノが山ほどあるんですね
DSC00991.jpgホテルに戻ると、芝生でウサギが遊んでました
DSC00994.jpgそして、締めは部屋から望むウルル・サンセット。贅沢、贅沢。。。